大阪の美容外科クリニックでしわ治療しました。

腫れが引いたら20代に若返った

写真を見て老けた自分に愕然とする効果の高いリフトアップ手術を受ける腫れが引いたら20代に若返った

自分で手術室まで歩いて行き、リクライニングチェアのような手術台に座り、口に麻酔の吸引機を付けられると意識が無くなってきました。
だけど全身麻酔では無かったので、手術を始める合図やワイヤーを用意する音がしているのを感じました。
ワイヤーを刺される痛みは全くありませんでしたが、なにかを刺されている感触が合って早く終わらないかなと怖かったです。
リフトアップのワイヤーを刺し込んだ後に、今度はそのワイヤーを引っ張り上げながらほうれい線や顔の弛みを手で修正してました。
横の看護婦と相談しながらもう少し上げといた方がいいかなと言っている声や、施術後に余ってつく出したワイヤーをペンチみたいな道具で切っている音がリアルに聴こえました。
麻酔が完全に切れると手術箇所をかなりきつく圧迫されていて、目だけ開いていてミイラ状態でした。
圧迫していた器具を取って、腫れの状態もいいので当日退院してもいいと言われて帰宅しました。
顔中内出血していたので、子供の保育園の送り迎えは夫に代わってもらって、マスクを付けて通勤しました。
完全に腫れと内出血がひいたら、ほうれい線のしわだけでなく頬の弛んだ肉も吊り上がって、20代前半ぐらいまで若返って見えました。

しわ治療 大阪しわに関するお悩み|